ビデオ撮影と嘘と数合わせ

8月10日の懇談会はビデオ撮影をめぐり、怒鳴り合いとなった。8月のお盆前後は何故か誰もが血が騒ぐようだ。

以前も矢張りお盆に住民との懇談会が開催された時も、当時の管理人藤井の悪行が話題となり、会が混乱した事が有った。

この様な時期に法人化等難しい問題を抱えて懇談会を開くなど、無知の極みだ。

何故ビデオ撮影の拘るのか。

ホームページでも議事録でも、都合の良いことのみ記載し、嘘八百を並べている。何時か裁判沙汰にでもなったときの証拠に撮影をしておく必要が有る。

理事会では理事会の内容を外に漏らさないように誓約書を書かされると聞いている。何か秘密事項を話しあっているのだろうか。

9月28日の臨時総会の時もビデオ撮影をするつもりだが、又騒ぎ暴力行為に出る恐れの有る理事が2名居るので、事前に麹町警察署に出動要請を考慮するつもりだ。

理事の中には、我々の仲間を車でひき殺そうとした奴が居て、警察沙汰になった事も有る。

組合の法人化は議決権、面積割合が四分の三以上無ければ駄目だとかで、多数派工作をしている様だが、それ以前に土地だけの所有者と土地と建物所有者が混在する別荘地に区分所有法第65条に適合する組合が設立出来るわけが無い。

この問題で過去に裁判になった事例も無い。

弁護士に相談すれば直ぐ判ることを司法書士辺りの説明に騙されている。

過去の総会でも委任状の数字を誤魔化していた事例がある。

前回の総会の議事録には総会に出席していない理事が署名をしている。

出席していない人が署名しても良いなどと云う人が居たようだが、出席して居ない人が署名をして、出席理事として名前が記載されて居る。

此は明らかに私文書偽造である。

今回の法人化問題でも議決権の数や、面積でインチキをする恐れがある。

我々は監視をしている。

過去の総会での数字合わせの誤魔化しは有名な話だ。

今度はどう誤魔化すか?数字合わせは絶対にいけません。!

我々は即座に見破ります。

いずれバレます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です